不動産と動産の違いは

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

不動産と動産は、民法で以下のように定義されています。

不動産

土地及びその定着物

動産

不動産以外の物

簡単に言うと、動かすことができる財産が動産動かすことができない財産が不動産となります。

具体的な例

  • 不動産
    • 土地
    • 建物
    • 樹木
  • 動産
    • お金
    • 家具
    • 家電製品
    • 貴金属
    • 株式
    • 債権

法律上の違い

不動産と動産は、法律上の取り扱いも異なります。

  • 不動産
    • 登記簿に記載する必要がある
    • 相続税の対象となる
    • 物価上昇手当の対象となる
  • 動産
    • 登記簿に記載する必要がない
    • 相続税の対象とならない
    • 物価上昇手当の対象とならない

その他

  • 不動産は、現金化するのに時間を要します。
  • 不動産は、売買や賃貸の際に、専門的な知識や手続きが必要となります。
  • 不動産は、災害や経済情勢の影響を受けやすいというリスクがあります。

不動産と動産について、より詳しく知りたい場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました