新潟市 2024年 住宅ローン控除の計算方法

住宅ローン控除

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

基本となる計算式は「年末の住宅ローン残高 × 0.7%」です。
控除金額上限:21万円/年(一般の新築住宅の場合)
仮に1-13年目まで、上限最大まで控除を受けた場合、21万円 × 13年間=273万円の減税

2024年1月1日より、住宅ローン控除(正式名称:住宅借入金等特別控除)の対象となる住宅は、以下の条件を満たす住宅に限られます。

1. 省エネ基準適合要件

  • 2024年1月1日以降に建築確認を受けた新築住宅であること
  • 以下のいずれかの省エネ基準に適合していること
    • ZEH(ゼネルギーゼロ住宅)
    • ZEH Oriented(ゼネルギーゼロ住宅指向)
    • 省エネ基準適合住宅
  • 上記の省エネ基準適合住宅の要件を満たすかどうかの証明には、建設住宅性能評価書の写しまたは住宅省エネルギー性能証明書が必要となります。

2. その他の要件

  • 居住用であること
  • 床面積40㎡以上
  • 一戸建て住宅、または2階建て以上の集合住宅の1階部分
  • 購入後、自己居住用の住宅として利用していること

対象外となる住宅

以下の住宅は、2024年1月1日以降に建築確認を受けた場合、住宅ローン控除の対象となりません。

  • 省エネ基準適合要件を満たさない新築住宅
  • 2023年12月31日以前に建築確認を受けた既存住宅

注意事項

  • 上記は、2024年5月12日時点の情報に基づいています。最新の情報については、国土交通省等の関係機関のホームページでご確認ください。
  • 住宅ローン控除を受けるためには、確定申告時に必要書類を提出する必要があります。
  • 住宅ローン控除以外にも、マイホーム購入に関する税制優遇措置があります。詳しくは、税務署等にご相談ください。

参考情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました