重要事項説明書とは

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

重要事項説明書は、不動産売買契約を締結する前に、宅地建物取引士から買主に対して渡され、取引内容や物件に関する重要事項について説明される書面です。

重要事項説明書の主な内容は、以下の通りです。

物件に関する事項: 土地の表示、建物の表示、法令上の制限、インフラ整備状況、周辺環境など

取引条件に関する事項: 売買代金、支払い方法、契約の解除条件、損害賠償額の予定または違約金など

その他: 重要事項説明の内容、説明を受けた日時、宅地建物取引士の氏名など

重要事項説明は、宅地建物取引士法で義務付けられています。

宅地建物取引士は、重要事項説明を行う際に、買主に対して以下のことを説明する義務があります。

重要事項説明書の内容: 重要事項説明書に記載されている内容を分かりやすく説明する。

物件に関する事項: 物件の所在地、広さ、法令上の制限、インフラ整備状況、周辺環境など、物件に関する重要事項を説明する。

取引条件に関する事項: 売買代金、支払い方法、契約の解除条件、損害賠償額の予定または違約金など、取引条件に関する重要事項を説明する。

その他: 重要事項説明を受けた後の買主の義務など、その他必要な事項を説明する。

買主は、重要事項説明をしっかりと受け、内容を理解した上で、不動産売買契約を締結するようにしましょう。

重要事項説明を受けずに不動産売買契約を締結した場合、契約は無効となる可能性があります。

また、重要事項説明の内容に虚偽があった場合、買主は、売主に対して損害賠償請求**をすることができます。

重要事項説明は、不動産売買において非常に重要な手続きです。

上記の内容を参考に、重要事項説明をしっかりと理解し、納得した上で契約を締結するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました