融資代行手数料とは

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

融資代行手数料とは、住宅ローンなどの融資を希望する人に代わって、金融機関への申し込み手続きや審査手続きを行う業者が、その業務に対して受け取る手数料です。

融資代行業者は、以下の業務を行います。

金融機関の選定: 希望する条件に合った金融機関を選定します。

書類の作成: 融資申込書などの必要書類を作成します。

金融機関との折衝: 金融機関と条件の交渉を行います。

審査のサポート: 融資審査に必要な書類の収集や、審査の進捗状況の確認を行います。

融資代行手数料の相場は、5万円~20万円程度です。

業者の規模や実績: 大手業者の方が、高額な手数料を請求する傾向があります。

融資額: 融資額が高いほど、高額な手数料を請求される傾向があります。

地域: 地域によって、手数料相場が異なります。

融資代行手数料を支払う義務はありませんが、利用する場合は、以下の点に注意しましょう。

複数の業者を比較検討する: 複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。

手数料の内容をしっかりと確認する: 手数料の内容をしっかりと確認し、納得してから契約しましょう。

無理な勧誘に注意する: 無理な勧誘に注意しましょう。

融資代行業者を利用する前に、必ず宅建業者の免許を持っている業者かどうかを確認しましょう。

また、融資代行業者の中には、悪質な業者も存在します。

不必要な費用を請求する: 融資代行手数料以外にも、必要のない費用を請求する業者があります。

無断で契約を締結する: 本人の承諾を得ずに、無断で契約を締結する業者があります。

このような悪質な業者に被害にあわないように、十分に注意しましょう。

融資代行業者を利用する代わりに、金融機関に直接申し込みをすることもできます。

金融機関によっては、融資相談窓口を設けているところがあります。

融資相談窓口では、融資に関する相談や手続きを無料でサポートしてくれます。

融資の申し込み方法について迷っている場合は、金融機関の融資相談窓口を利用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました