物価高と新潟市不動産

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

現状

2024年現在、日本国内でも物価高が進んでおり、家計への影響が懸念されています。特に、エネルギー価格や食料品の価格上昇が顕著です。

主な要因

  • 円安: 近年、急速な円安が進んでいます。輸入品であるエネルギーや食料品の価格が上昇する要因となっています。
  • ウクライナ情勢: ウクライナ情勢の悪化により、エネルギー価格や食料品の価格が世界的に上昇しています。
  • 国内経済: 国内経済の回復に伴い、需要が高まっていることも、物価上昇の一因と考えられています。

政府の対応

政府は、物価高対策として、以下の取り組みを行っています。

  • ガソリン・灯油価格への補助金: ガソリンや灯油の価格を抑えるための補助金を設けています。
  • 小麦粉価格への補助金: パンなどの小麦製品の価格を抑えるための補助金を設けています。
  • 低所得者への支援: 低所得者向けの支援制度を拡充しています。

今後の見通し

今後は、エネルギー価格や食料品の国際価格の動向、円相場、国内経済の状況等によって、物価上昇の勢いが変化していくと予想されます。

家計への影響

物価高の影響は、家計によって大きく異なります。特に、低所得者層や、食料品やエネルギーなどの必需品への支出が多い世帯は、大きな影響を受ける可能性があります。

参考情報

新潟市における物価高

新潟市においても、物価高の影響が出ています。特に、以下の品目の価格上昇が顕著です。

  • 電気料金: 2024年4月から、電気料金が約2割値上げされています。
  • ガソリン: 2024年5月現在、ガソリンの平均価格は1リットルあたり約180円となっています。
  • 食料品: 食料品の価格も全体的に上昇しており、特に小麦製品の値上げが顕著です。

そして、建築資材も、また上がると言われています。

そんな中、売りたい人は、物価高だから、不動産も上がるから、高く売れると言われる方もいます。

ただ、買う方の収入は上がるわけではありません。

需要と供給のパランスか悪く、売りたい人は増え、買いたい人が減っているように思います。

新潟市では、市民向けの物価高対策として、以下の取り組みを行っています。

  • 生活支援物資の配布: 低所得者向けの生活支援物資を配布しています。
  • 公共料金の減免: 滞納しがちな公共料金の減免制度を拡充しています。
  • 食料品の支援: フードバンクなどを通じて、食料品の支援を行っています。

参考情報

物価高は、私たち all にとって大きな課題です。

政府や自治体の対策に加え、私たち一人ひとりが節電や節約を心がけることで、物価高の影響を少しでも軽減することが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました