新築と未入居の違い

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

新築と新築後未入居は、どちらも新しく建てられた住宅である点では共通していますが、法的な定義や状況においていくつかの重要な違いがあります。

  1. 建築後1年の経過

新築: 建築後1年未満の住宅を指します。
新築後未入居: 建築後1年以上経過した住宅で、入居者がいないものを指します。

  1. 住宅ローン減税の適用

新築: 新築住宅であれば、住宅ローン減税の適用を受けることができます。
新築後未入居: 建築後1年以上経過しているため、住宅ローン減税の適用を受けることができるか否かは十分に確認してください。

  1. 住宅瑕疵担保責任

新築: 新築住宅であれば、住宅瑕疵担保責任法に基づき、10年間の契約不適合責任が負われます。
新築後未入居: 契約不適合責任が適用するか十分に確認してください。ただし、民法上の瑕疵担保責任は負う可能性があります。

  1. 諸費用

不動産会社等に確認してください。

  1. 価格

新築: 新築住宅の場合、新築後未入居住宅よりも価格が高くなる傾向があります。これは、新築住宅の場合、建築コストや諸費用がかかるためです。
新築後未入居: 新築後未入居住宅の場合、新築住宅よりも価格が安くなる傾向があります。これは、建築コストや諸費用がすでに計上されているためです。

  1. 状態

新築: 新築住宅の場合、誰も住んだことがないため、きれいな状態です。
新築後未入居: 新築後未入居住宅の場合、すでに建築が完了しているため、外観や内装に多少の傷や汚れがある場合があります。

  1. 選択肢

新築: 新築住宅の場合、間取りや設備などを自由に選択することができます。
新築後未入居: 新築後未入居住宅の場合、すでに間取りや設備が決まっているため、選択肢が限られます。

まとめ

新築と新築後未入居は、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

新築: 建築後1年未満の住宅で、住宅ローン減税の適用や10年間の瑕疵担保責任など、様々なメリットがあります。ただし、諸費用や価格が高くなる傾向があります。

新築後未入居: 建築後1年以上経過した住宅で、住宅ローン減税や10年間の瑕疵担保責任は適用されない可能性がありますが、諸費用や価格が安くなる傾向があります。

どちらを選ぶかは、予算や希望条件などを総合的に判断して決めるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました