建売住宅を購入する際の手数料

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

建売住宅を購入する際に発生する諸経費は、主に以下があります。

  1. 仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料です。

一般的に、物件価格の3%+6万円+消費税が上限となります。
例えば、物件価格が4,000万円の場合、仲介手数料は最大で138万6,000円となります。
ただし、売主物件の場合は仲介手数料がかからない場合があります。
また、仲介会社によっては、仲介手数料を値引きしている場合もあります。

  1. 印紙税

印紙税は、不動産売買契約書に貼る印紙の税金です。

取引価格によって金額が決まります。

  1. 表題登記費用

表題登記費用は、土地や建物の登記簿に表題登記をするための費用です。

司法書士に支払います。

物件や地域によって費用が異なりますが、一般的には数万円程度となります。

上記以外にも、以下のような手数料が発生する場合があります。

抵当権設定費用: 住宅ローンを組む際に、抵当権を設定する費用です。

火災保険料: 住宅を購入すると、火災保険に加入する必要があります。

固定資産税: 土地や建物を所有すると、毎年固定資産税を支払う必要があります。

都市計画税: 土地や建物を所有すると、毎年都市計画税を支払う必要があります。

建売住宅を購入する際の諸費用は、物件価格の6~9%程度と言われています。

諸費用の内訳は、物件や地域によって異なりますので、詳しくは不動産会社に確認しましょう。

建売住宅を購入する前に、諸費用の内容をしっかりと理解し、予算に余裕を持って準備しておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました