住宅性能評価付きの新築住宅のメリット・デメリット

未分類

新潟市で新築戸建・リフォーム済中古戸建の購入をお考えの際はこちらから

新築・リフォーム済中古戸建 どこの不動産屋さんを通して買えばいいの?徹底比較

 

 

 

 

住宅性能評価付きの新築住宅のメリット・デメリット

住宅性能評価付きの新築住宅は、国が定めた一定の基準を満たした住宅であることを証明する制度です。この制度を利用することで、以下のようなメリットがあります。

住宅性能が可視化され、
アピールできる: 耐震性や省エネ性など、目に見えない住宅の性能が等級や数値で表示されるため、住宅の性能を分かりやすくアピールすることができます。

資産価値が高くなる可能性がある: 住宅性能評価を取得した住宅は、耐震性や耐久性などの面で優れている点や、住宅の劣化のしにくさも評価項目にあるため、将来的に高い価格で売却できる可能性があります。

住宅ローン金利の引き下げ: 住宅性能評価が一定の基準を満たしている場合は、住宅ローン金利の引き下げを受けられる場合があります。

地震保険料の割引: 耐震等級に応じて、地震保険料が割引されます。

贈与税の非課税枠が拡大: 一定の条件を満たした住宅性能評価付きの新築住宅を贈与する場合、贈与税の非課税枠が拡大されます。

トラブルの際に紛争処理機関を利用できる: 住宅性能評価書に基づいて住宅を建築しているため、もし欠陥が見つかった場合などに、紛争処理機関を利用してトラブルを解決しやすくなります。

一方、住宅性能評価付きの新築住宅には、以下のようなデメリットもあります。

建築コストが上がる: 住宅性能評価を取得するためには、一定の基準を満たした住宅を建築する必要があるため、建築コストが上がる可能性があります。

取得費用がかかる: 住宅性能評価を取得するには、費用がかかります。費用は評価機関や住宅の規模によって異なりますが、一般的には数万円程度です。

設計デザインが制限される: 住宅性能評価を取得するためには、一定の基準を満たした住宅を建築する必要があるため、設計デザインが制限される場合があります。

全ての住宅が評価対象ではない: 住宅性能評価は、すべての新築住宅が対象となるわけではありません。木造軸組工法や鉄筋コンクリート造の住宅など、一定の構造形式の住宅のみが対象となります。

住宅性能評価付きの新築住宅は、メリットとデメリットがあります。住宅性能評価付きの新築住宅を検討する際には、自身のライフスタイルや予算などを考慮して、慎重に判断することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました